防災の日


9月1日は防災の日です。1923年(大正12年)の9月1日11時58分に発生した関東大震災は

死者・行方不明者推定約10万5000人と最大規模の被害をもたらしました。

住宅の全潰は神奈川県が6万3577、東京は2万4469であったが焼失は神奈川県3万5412、東京17万6505。

3回の大きな地震が南関東から東海の広範囲で発生し、昼食時間と重なったことから、大規模な火災へと繋がった。


98年前の出来事です。私の両親もまだ生まれていない祖父母の時代。

3回の連続した大地震と聞くと、東日本大震災を思い出してしまいます。


約100年の経過により、建物は頑丈になりましたが失われたものも多くあると思います。

ご近所のお付き合いもそのひとつです。


もしも今、大規模災害が起きた時、自分や家族や仲間の命を守れるか?生活を確保できるのか?

少しの時間でも皆と話し合い、防災力を高める事項に着手したいと思います。

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags