企業・工場(BCP担当者)様へ

企業・工場での「水」の備蓄のポイント

災害当日を乗り越える水備蓄が必要です。

次は数日後の人が集まる場合は生活用水が必要です。

企業において近隣の受け入れがある場合は避難所としての備蓄が必要となりますが、避難所機能を持たない場合は人が戻ってきた時の水の確保は衛生を維持させる為に重要です。​

受水槽・プール・浴室がある施設では、UFボード(手動式)も有効です。(温泉不可)

(過去実例として、災害時の受水槽の水は濁水となり、そのままでは利用困難な状態となります。)

また、企業BCPで重要なのは災害発生数日後からの運営時です。

水道のライフラインの復旧は災害規模などで大きく差が生じます。

飲料水・洗浄水(衛生面)・トイレの準備は最低限必要となります。

商品詳細は、お問合せ願います。

​Home

© 2023 by Dawkins & Dodger Architecture. Proudly created with Wix.com